ゼニカルを使えばダイエット中でも何でも食べていい?

脂肪吸引術マップ

ゼニカルとは重度の肥満症の治療に使用される薬となっています。
このゼニカルは体内の脂肪を落とす作用があるわけでなく、摂取した食べ物の脂肪を阻害する働きがあります。
これはリパーゼと呼ばれる食事の脂肪分解作用を抑制する働きがあり、食べた脂肪の多くを排出するようになっています。
基本的には摂取した食事の脂肪分30%を未消化のまま内臓を通過させる事が出来ます。
この薬は日本国内では未承認薬となっており海外で多く使用されています。

ゼニカルはダイエット目的で使用する人もいますが標準体系や肥満気味の人が使用する際は痩せすぎる可能性がある為、注意が必要です。
服用する際は食後一日1回が基本となっていますが、海外では一日3回となっています。
特に海外では肥満の人が多い為、服用回数も増えています。

この薬を使用すると食べ過ぎても大丈夫と勘違する人が非常に多くなっていますが、基本的には食べ放題になるわけではない為注意が必要です。
又ゼニカルを使用して肥満を解消するには日常生活の食事も脂っこいものを控える事が大事になってきます。
どうしても外食の付き合いで食べ放題がある場合ではゼニカルを服用する事で油の吸収を阻害することが出来ます。

人気記事一覧
サイト内検索